FC2ブログ

ルナティック・ラヴ 佐緒里の気まぐれ!!!<ラヴトピア別館>

TRANS-GIRL佐緒里がエッチ、フェティッシュ、マニアックな話題でお送りする気まぐれ日記♪

月にかわってお仕置きよ♪

本日、仮面ライダーキバ・第6話見ました!!!
先週の松田賢二さん演じるガルル登場から、少し面白くなってきました。
脚本は相変わらずなんだけど、番組全体のテンポ感とか役者の演技のボルテージもあがって随分良くなりましたよ^▽^)b
あのいつもの見にくい時間経過の見せ方も激減して実にイイ感じ♪

ところでドラマの監督って、まず最初の何話かをチーフが作るんだそうです。それを3人以上の監督で、3~4話ずつまわしていく。

実は先週の回から舞原賢三監督になったんです。監督が交代したことで、映像が見やすく面白くなったってことでしょうか?

この方、平成ライダーシリーズの演出は、前作である電王が初めてなんだとか。しかも電王を見事に面白くさせた職人監督だったんです。
電王では、ゼロノス&デネブ登場という重要な場面を初演出されていますが、たぶんキャラクターを生かすのが上手な演出家なのでしょう。

脚本が一緒でも監督さんが違うとこうもちがうんだなぁ・・・と感動しきり。
半漁人人間体・バッシャー初登場シーンでの小越勇輝君の登場のさせ方なんか、耽美感抜群で感涙モノでした!!!


※やっぱり美少年のセーラー服姿はヤバイです(笑)。

美少年が見事に着こなしたセーラー服のちょっとした見せ方も良いんだけれど・・・逆光の中、窓辺に登場するシーンは実に印象的でした。そして、たたみかける様に小越君の悪戯っぽい少年の声・・・もう「ポーの一族」かと思っちゃいましたよ!!!

この監督さん、ホントわかってるな~~~って思って検索してたら・・・舞原監督の代表作って、電王の脚本家・小林靖子さんの出世作・実写版「セーラームーン」だったんですね~~~。
セーラームーンの監督さんなら、フェティッシュなセンスもありそうだし、なんだか面白くなっていきそう・・・

そして、小林靖子さんといえば・・・ついに劇場版「電王&キバ・クライマックス刑事」がいよいよ一ヵ月後に公開!!!クライマックス刑事(デカ)って、オイオイ(笑)。
刑事モノっていう意外な展開はさすが・・・そして、東映お得意のあぶない刑事路線・・・
何しろコチラの映画、Vシネマになるはずがまさかの劇場公開。しかも今や伝説と化した電王キャスト&スタッフ揃い踏みです。それにしても『春の仮面ライダー祭』って・・・『東映まんがまつり』ですか(爆)。



激情型のモモタロスがノリノリでマグナムを握り、ウラタロスがセクシー大下チックにスーツをバリッと着こなす。はたまた硬派なキンタロスが黒岩軍団ばりのライフルを轟かせ、侑人&デネブが潜入捜査・・・終いにゃコハナがバズーカをぶっ放すという痛快作らしい(マジですか???)。
そんな訳で何だか勝手にワクワクしちゃってる佐緒里です♪
  1. 2008/03/03(月) 03:26:49|
  2. サブカルチャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

炎神戦隊ゴーオンジャーは匠の技。

chikaさんのブログ「風呂上がりのフルーツ牛乳」で、戦隊モノは「水戸黄門」的な満足感という表現をされていたけれどゴーオンジャーは、水戸黄門と同じく・・・まさに匠の技ですね♪
脚本家の構成力と演出家の30分で見せきる見せ方は勿論。アクションと特撮、ドラマのバランス感覚が秀逸だし、キャラもかなり立ってます。長く愛される番組ということはこういう事なのかなって思わされちゃいました。
前作「ゲキレンジャー」は、ある意味オトナのお友達向きだったのが、今回は完全に子供に向けて発信されてる感じがイイと思います。
「仮面ライダー・カブト」の大人向きのハードなSF的設定から「電王」の子供向けのキャラクター重視の設定へ移行した時と似た感じを受け、ちょっと期待感出てきました。

結局、子供が夢中になれるものって、大人も充分見られるものなんですよ!

特に今回の自動車をモチーフにした「炎神」というキャラクターは男の子だけでなく、普通に女の子も楽しめちゃいそうな位、カワイイ♪ 
その姿形や仕草、そして「どるどる~~~ッ」という車の爆音をイメージした擬音の台詞だったり、J-POP風のオリジナル・エンディングテーマの中で踊る炎神のCGアニメとか・・・このカラッと明るいイメチェンはかなりイイですよ!!!

交通安全をイメージしたゴーオンジャーのシートベルト風コスチュームも笑えるし・・・
蛮機獣(怪人)が巨大化する時、「産業革命~~~ッ!!!」と叫ぶのが結構ツボだったり。


※「産業革命~~~ッ!!!」と叫んで巨大化する敵キャラ。

とにかく、エコロジーというテーマと自動車という組み合わせも現代風刺の感があって、新聞の四コマ漫画を読んでる感覚っていうのかな・・・かなりツッコミどころありそうです(笑)。
前回のブログで、このシリーズが先祖返りしたという事を書いたけれど・・・
ゴ-オンジャーは、戦隊の元祖「ゴレンジャー」を今風に明るくポップに上手く味付けしてる感じです。何気に「オ」と「レ」の一文字違いだし・・・(汗)。

あと、主演俳優の若返りにも成功していて、テレビを見ている子供たちから見た今どきの身近なお兄さん像、お姉さん像を完全なまでに作り込んでるところもグッジョブです。

もちろん害水大臣ケガレシア役の及川奈央ちゃんの暴れっぷりにも大いに期待!!!
先週はでっかいボイン(死語???)と女王様ぶりをお披露目したばかり・・・
今日の放送なんか、蛮機獣(怪人)がやられた後、やけになってビールを片手でラッパ飲みしてましたからね(笑)。「こんな大人になっちゃダメ~~~~」みたいなダメ人間オーラびんびんなところが可笑しかった♪

と言う訳で・・・オトナのお友達はケガレシアに注目よ!!!
  1. 2008/02/24(日) 20:17:50|
  2. サブカルチャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

井上先生、キバッて行こうぜ♪

「仮面ライダーキバ」もすでに4話を消化しながら、話がほとんど進展していない・・・
1986年の話による謎かけには、そろそろ飽きちゃってます(汗)。
脚本家の井上先生!!!ストーリー引っ張りすぎじゃないですか(爆)。

だって4話まできて、何ひとつ謎が解けていないんですもん。
たぶん、序盤でもあるし、ある程度しっかりしたわかりやすい導入部を作らないと視聴者は感情移入できません。それどころか出演者の方々も自分の役にしっかりと入っていけないんじゃないかと思います。
謎かけに走り過ぎていて、登場人物たちの感情的な部分が未だ以ってまったく不明なので役者さんたちが手探りで演じてる感はぬぐえません。

そんな中、若いのに柳沢ななちゃんはホント役者ですよ。唯一自分のキャラクターを作り上げています。実力派とでもいうのでしょうか?映画「春の居場所」でも堀北真希さんと並んでまるで引けをとっていなかったですから。でも、キバの若手の中では演技が上手すぎて浮いてるかもしれないです(汗)。

は~~~い。一方、アクション&特撮担当はがんばってますよ~~~。
今回、ピンチに陥って新たなモンスター召喚で変身をするキバ。
狼男モード(ガルルフォームっていうらしい・・・)のキバのアクションは、B級アクションマニア・巨匠タランティーノも涙する(?)まるで若き日の千葉真一さんのアクションを彷彿とさせるカッコ良さ!!!


※仮面ライダーキバのガルルフォーム

映画「柳生一族の陰謀」「忍者武芸帖・百地三太夫」やテレビシリーズ「影の軍団」など、当時千葉さんが率いたジャパンアクションクラブが作り上げた忍者アクションを上手く流用した美しくも荒々しい動き。獣のような四つん這いに近い姿で野生を表現・・・キバを演じるスーツアクターの表現力が素晴らしく、キバが刀の柄を口にくわえて戦うアイディアに見事なまでにリアリティを与えています。このキバ・アクションの見得の切り方に千葉イズムを感じちゃったのは私だけ???
なんていうか、役者バカという言葉があるけれど・・・・これはアクションバカにしか到達できないアクションですよ!!!グッジョブ♪

と言う訳で・・・お願いです。

脚本の方、頑張って下さい!!!・・・汗。

一方、先週始まったばかりの「炎神戦隊ゴーオンジャー」には第1話から楽しませてもらってま~~~す。なんといっても、及川奈央ちゃん演じる悪の大幹部・害水大臣ケガレシアのイケイケぶりにハマってます♪
四半世紀前の黒十字軍みたいなごっつい鎧が不思議と似合ってるし・・・
日曜のテレ朝スーパーヒーロータイムは、
奈央ちゃん・・・アンタが最高 ^▽^)/


※『炎神戦隊ゴーオンジャー』悪の女幹部・ケガレシア(及川奈央ちゃん)
  1. 2008/02/22(金) 00:00:00|
  2. サブカルチャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

再びスーパーヒーロータイム♪

「仮面ライダーキバ」ついに始まりました。
乙男(オトメン)の瀬戸君の入浴シーンはさすがです!!!
腐女子向けですか!!!やるぅ^▽^)b
脚本家さんは大人のお友達向けによく考えておられます。
でも、何で・・・もじゃもじゃのすね毛まで映すのよ???
わかってないなぁ~~~ノンケ監督は~~~と呟き一発かます佐緒里です^^
しかも、1986年と2008年を行ったり来たりする構成がわかりずらくて3回も見ちゃったじゃないですか・・・汗。

今回の若手女優イチオシは柳沢ななちゃんですね!!!


※今回の役はちょっと姉御肌な、ななちゃん。

折口会長のあのグッドウィルのCMに出てた女子です!!!
モチロン、折口会長のパーティーに出席した事から、ある事ない事叩かれちゃった彼女ですが・・・
そのななちゃんがバブルで頭角を現した折口会長風社長(実は怪人)をやっつけるという設定に思わず喝采♪やんややんや^^
実際、ななチャンはとってもカワユクってこのキャスティングはグッジョブ♪

そして、幻想的な月を背負ったライダーキックに萌えまくりです!
ライダーの脚には鎖の封印があり、この封印を解く事でライダーキックが発動するという怪奇性あふれるシチュエーションが素晴らしかった。
特にアクションシーンの作り込みにもこだわりが感じられたし、ライダースーツのデザインもなかなか退廃的でグッジョブ♪今後の期待度はUPしました!!!

それでも、前作の電王が名作・カブトを忘れるほどにあまりに大化けしたので、その後を受けるライダーは大変だと思ったり・・・キャストの新鮮さでは今の所、電王には及ぶはずもなく乞御期待って感じです♪

それより・・・ついに「ゲキレンジャー」で理央とメレが結ばれました!!!


※大好きな理央&メレ

最強の幻獣・ロンから囚われたメレを助け出し、彼女を抱きしめるシーン。
ホント、大人も楽しめるってのが良いですよ。
とか言いながら・・・最近、ご主人様が「お前がいないと肌寒い。」と言って下さった事を思い出して・・・私ったらメレみたいにニヤニヤしていました(笑)。
  1. 2008/01/28(月) 03:48:51|
  2. サブカルチャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

電王最終回・・・ライダー揃い踏み♪

電王、ついに最終回を迎えました。
最終回は登場ライダー揃い踏みの大団円!

人気グラドルの白鳥百合子ちゃんの不可解な途中降板で、大人の代役を子役で乗り切るという冒険に出た本作は一体どうなるかと思われていたんですけど、まるで嘘のように見事な修正で乗り切ってしまいました!(脚本家が天才過ぎ♪)

そして、最終回にも意外な展開を組み込むシナリオの妙♪
コハナの正体が明かされ、忘れかけていたあの王子キャラクターの投入まであり、よくもまあこれだけ話を膨らませておきながら30分番組に収めたものだと感心しきり^^
泣いて、笑って、モチロン・・・ラストシーンも後味すっきりで大人も子供も納得でしょ!!!

芸能界は魑魅魍魎・・・大変とは思いますけどファンとしては、百合子ちゃんには女優として早期復帰して欲しいです。
この最終回、個人的には百合子ちゃん演じるハナの長く美しい足から放たれる女王様キックが見たかったもん(汗)。




さあ、新ライダーは「仮面ライダー・キバ」です^^
今度のライダーのモチーフは吸血鬼や西洋のモンスターなんだって!
衣装のフェティッシュ感、ストーリーの耽美感、少年の美しさ。
この三本柱にはちょっと期待^▽^)b

主人公が優雅にバイオリンを弾いたり、吸血鬼伝説(ヴァンパイア)がネタ元だったりと何気に耽美的♪
何しろ予告編では洋館の中で美形の出演陣のプロフィールカットにバラの花びらが宙をが舞ってましたからね!!!

主役の瀬戸康史(せと こうじ)君はいわゆる乙男(オトメン)と呼ばれる美少年!

乙男って知ってますよね???
乙女のような男の子・・・まあ女の子みたいにカワイイ男の子のことです。
という訳で、私達の分野のライダーがついに登場ですね(謎)。

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(ニール・ジョーダン監督)『ドラキュラ』(フランシス・F・コッポラ監督)『ハンガー』(トニー・スコット監督)『ヴァン・ヘルシング』(スティーヴン・ソマーズ監督)『ヴァンパイアハンターD』(川尻善昭監督)『アンダーワールド』(レン・ワイズマン監督)と、この当たりが吸血鬼モノではオススメだけど・・・新たに吸血鬼モノとしての耽美的ストーリーラインを加えた仮面ライダーに大いに期待です!!!

でも、電王が、白鳥百合子ちゃん、松本若菜ちゃん、秋山莉奈ちゃんという稀に見る最強のフェロモン女優陣だったんで・・・そこまで期待しては酷かもしれませんね(笑)。
  1. 2008/01/20(日) 16:25:11|
  2. サブカルチャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

期待を裏切る面白さって???

ヤッターマンが帰ってきました^▽^)/

ハリウッド版「マッハGOGO」をはじめ、伝説のタツノコ作品が大復活。
30年前の本放送当時や再放送で、こうしたタツノコ作品独特のデザインにトラウマしちゃった大人は結構多いと思う。
私はなんていったって、フェティッシュファッション全開のドロンジョ様と男か女かわからないオカマキャラが衝撃的だったガッチャマンのベルクカッツェですか(笑)。
70年代独特のビザールなファッションセンスが反映されていてエロカックイイ♪
多分そうとう影響されてます(汗)。




ところで新ヤッターマンの主題歌は大不評だったとか・・・

火を噴くようなテクを感じさせるギターのイントロがバリバリカッコ良くて、さっすが野村義男だったし、世良正則のヴォーカルも渋くて最高ロックなんだけど・・・
ヤッターファンはそんな事は全く求めていなかったという訳。

底抜けに明るいオリジナルをあまりに音楽的に弄り過ぎたのがいけなかったんでしょうね。
私もたぶんに漏れず、違和感びんびんでぶち切れそうでしたから。
でも、この曲を聞き返してみると、ある意味・・・旧ヤッターマン放送当時(1977)の70年代的なマニアックな音作りなのかも・・・う~~ん、リュウセキだね!ナガレイシだね!さすがだね~~~♪

しか~~~し、それは違うとネット上での反響は凄まじかった^▽^)b
お仕置だべ~~♪
期待を裏切る面白さは諸刃の剣ですね!!!


それにしても、放送局がすいませんとやっちゃったもんだから、世良×野村の立場はどうなるんでしょうか。エンディング曲ならきっとオッケーだったと思うなぁ!!!

そんな事に怒ってるよりも・・・エンディング曲のアニソンとしてのインパクトの無さの方が絶対問題でしょ。結局、mihimaruGTの楽曲は単なる行政だし・・・
実は佐緒里・・・mihimaruGT結構好きなんですけどね・・・miyake君カックイイし・・・生まれ変わったら、hirokoになりたい・・・汗。

何はともあれ、アーティストとして冒険をした世良×野村の楽曲が叩かれちゃったのは残念無念!!!

「そんな訳だから、お前たち・・・この曲を一度聞いてみるんだよ♪」(アラホラサッサー)
  1. 2008/01/18(金) 22:43:22|
  2. サブカルチャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

無限に広がる大宇宙♪

無限に広がる大宇宙♪

・・・って言えば松本アニメのオープニングシーンですが、アタシが最近気になるのは、グリーゼの惑星で~~~す^^

グリーゼ581(Gliese 581)は、太陽系から約20光年離れた赤色矮星(恒星)とかでドイツの天文学者、ウィリアム・グリーゼ(Wilhelm Gliese)にちなんで名づけられた星。
その周りを回ってる惑星が現在3個発見されてるんだって。
それらは、地球の5倍~海王星程度の質量を持つ惑星で、そのひとつが「581c」と呼ばれる惑星でどうやら地球に似た星であるそうです。



グリーゼ581c:北半球からは夜間に天秤座の近くに観測される。

何億光年も先のイスカンダルじゃなくって、お近く20光年ですから・・・といっても光の速さで20年って・・・
やっぱ、気が遠くなるなぁ。

「未知との遭遇」みたいに宇宙人にUFOで連れて行ってもらわないと無理無理。私、このグリーゼ581を検索しようと「惑星」とググッたら、真っ先に「惑星セルポ」って出てきて・・・

あれ~~~新惑星って「セルポ」だっけ???
と検索先に行ってみたら、TVでもやってたエリア51ネタでした(汗)。 でも、どちらも夢が膨らんでイイナ~~~^^

http://serpo.dip.jp/index.html

こちらは、宇宙人さんのセックスを観察させてもらった米国軍人ネタとかもあります。

韮澤か!!!(タカトシ風)
  1. 2007/08/20(月) 01:08:28|
  2. サブカルチャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

スリーハンドレッドよりすごいのがコレ♪

今回はオススメコミックね^^

武士道は死狂いなり♪
サムライの暗黒面を描く究極のコミックがコレです!

83V83O838B83C.jpg


残酷描写は「300<スリーハンドレッド>」以上・・・
おっと、でも中身はこちらの方が凄いです。
サムライ同士の果し合いをコレほどまでにエロティックに惨く描いた作品が今までにありましょうか???

武士道の暗黒面は究極のSMなのだった。
ふんどし美剣士バンザ~~~イ!!!
男同士の骨肉の戦いに真のホモセクシャルなネットリ感を感じるべし♪
生死という名のエロティシズムをこの作品は見事なまでに放っています。日本の残酷文化ここに極まれり。

ちなみに私、いつの間にか最新刊第8巻まで購入してしまっていました・・・しかも上野のまんがの森で(汗)。
上野で遊んでる女装子ちゃんは、即行まんがの森に直行よん♪

え?デスノート???子供のマンガじゃんって感じの至高の暗黒絵巻です!マジでスゴイ!!!
  1. 2007/06/26(火) 02:06:58|
  2. サブカルチャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

警告!佐緒里乳房補完計画




っていうか、ヤフオクでフィギュアとか特集やってんだね♪
ヤフオクの宣伝バナーから跳んでみたら、
結構ふぇちぃなぁ^^
てな訳で、懲りずにまたアイコラしちゃいました。
こんなオパーイ欲しいかも・・・嬉々。

  1. 2007/06/16(土) 22:00:56|
  2. サブカルチャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11

電王の時間ですよ~~~♪

日曜、朝八時は「電王」の時間ですよ~~~~^^
って聞いてないか(汗)。

オダジョー登場以来、子供以上に主婦とゲイに人気の
仮面ライダーシリーズなんですが、
まあ、たぶんに漏れずアタシもハマッテマス♪




前シリーズの「仮面ライダーカブト」が、なかなか面白かったんで
続けて見ています。
若手とベテランの起用の仕方が秀逸なドラマで
まだブレイク前の若手の主役陣の光り輝く才能を堪能しながら、
ベテランの味のある演技も見もの。
子供番組と侮っていたら、笑われます。
いや~~~でもホントに素晴らしいキャスティングなんで
良かったら見てみてください。

まず、仮面ライダー役の佐藤健君は、イケメンなのはともかく若いのに5人の人格を演じる程の芸達者。カンヌを只々うろついてる某イケメン芸能人とは実力が違います。

その彼と共演するグラビアでブレイク中の白鳥百合子ちゃんもグレイト♪
彼女の女王様としての資質は、M男君を釘付けにしてしまうでしょう。
美尻の女王・秋山莉奈ちゃんもエナメルチックなボンテージ姿で朝から色気を振りまいています!!!そう、朝からボンテージですよ!!!もう、やんなっちゃうなぁ♪嬉々。

大体この手のドラマは、全てにおいてわかりやすいところが重要です。
難しい役というよりは、ステレオタイプをいかに完璧に演じ切れるか!
役者が本領を発揮するその姿を堪能してください!!!

あと、イマジン(いわゆる怪人)の声を担当する声優陣の実力にも要注意!!!

主にこの作品は、怪人の声にこだわりがあって、イイです^^
キャラクター重視のアニメテイストな感じがグッド♪

モモタロス役………(声)関俊彦
ウラタロス役………(声)遊佐浩二
キンタロス役………(声)てらそままさき
リュウタロス役………(声)鈴村健一

関俊彦さんは、最遊記のチョイワル僧侶・玄奘三蔵役が有名だし、遊佐浩二さんは、トランスフォーマーシリーズに出てますね。
鈴村健一さんは、キャプテン翼の若林源三役とかやってますし、
しかも、この3人は揃ってガンダムシリーズに参加しています。
声優界でもっとも勢いのある御三方です!!!

特にすごいのは、てらそままさきさんです。
この方、元々俳優座出身のイケメン俳優で、
若き日には加藤剛さんの後釜とも言われた逸材です。

あとベテラン石丸謙二郎さんが脇を固めてイイ味出してます。
でも、俳優陣で特に注目なのは、松本若菜さんです。

主役の佐藤健君のお姉さん役を演じていますが、
ふんわりとした天然キャラと小雪のような凛とした美しさを多分に発揮しています。悩みを相談したくなるような優しいお姉さん姿にはかなり癒されてしまいます。
そして、彼女のトロ~~~ンとした眼にはすごく白痴美を感じます。
嗚呼、なんて朝からエッチな表情をする人なんだろう。
でも、美形の女装子さんにいそうなタイプかな???

アタシの心の御姉様、大阪のYUKIさんとちょっと似てるような気がするけど、どうですか???^^

そんな電王ですが、尊敬する最遠寺近緒さんのブログ「風呂上りのフルーツ牛乳」でも紹介されていますし、何気に私もフェティッシュ心をくすぐられているのかもしれませんね!!!

アタシも美尻の女王を目指すのダ♪
  1. 2007/05/27(日) 11:09:12|
  2. サブカルチャー|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4
前のページ 次のページ

佐緒里

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search