FC2ブログ

ルナティック・ラヴ 佐緒里の気まぐれ!!!<ラヴトピア別館>

TRANS-GIRL佐緒里がエッチ、フェティッシュ、マニアックな話題でお送りする気まぐれ日記♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

続報。「女帝アスカムⅥ」

今や私のライフワークでもあるWeb小説「女帝アスカム」についにあの人物が登場しま~~~す。
ストーリーの流れが中断しないように、一応発表済みの第一節も改めてコピペしてあります。

第1節、スヴェトラーナ

ロシア共和国、旧レニングラード州の某都市の動物生態科学研究所。
ここは帝政ロシア時代から世界中の動植物が収集され、様々な個体が現代まで保存されてきた場所である。そして、その内部は伝統的なビザンティン式の聖堂のような外観からは全く想像出来ない最先端科学の世界が広がっている。各人種、種族のヒトゲノムをはじめ、地球の全生物のゲノム解析を行うための前線基地となっているため世界中の研究者から「ラストアーク(最後の箱舟)」と呼ばれており、ここはまさに神々の作りし生物のアトリエであった。

もちろん、この研究所にはオーパーツ以上に危険な生物学的なサンプルも封印されている。

地下に作り出された巨大な倉庫の中には、貴重な動植物の標本に混じって極秘に隠され続けてきたある物が存在しているのだ。

それは、バブルがはじけ、日本が不況に喘ぐその頃、シベリア最北端の永久凍土の中から発掘された巨大な冷凍マンモスと共に発見された。それは、マンモスを狩ろうとして雪崩の下に埋まって一緒に1万年以上も氷漬けになっていた一人の人間の姿だった。

氷の中から現れたその個体は、なんと男性器と女性器の両方を有した両性具有のまさに神のように美しい人間である。

彼・・・いや、彼女と言うべきであろうか・・・この美しき原始時代に存在していた両性人類はまさに奇跡であった。発見者の一人であるパーヴェル・チチェーリン博士は、その輝くばかりの美しい個体に心を打たれ「スヴェトラーナ(光)」と名付けた。

何故、この個体が両性を有しているのか?

その原因は、美しきスヴェトラーナの体内細胞から新種のウィルスとして発見された。このウィルスは、動物のオスの肉体に入り込むと急速に肉体の成長を退行させる。さらに胎児以下のレベルにまで肉体を退行させると、再び肉体の成長を促す。そして奇異なことに年令が再び人間の形に到達するとその肉体は両性を有しているいう代物であった。地球上の生物の遺伝や進化の常識を全く無視したこのウィルスは、まさに奇蹟の産物と言えた。

ロシアンマフィアがそのウィルスを手中にしたという情報が新宿の裏社会を牛耳るアスカムの情報網に引っかかったのは1999年の暑い夏の日の事だった。


第2節、新宿の女帝 VS ウラジオストックの女王

1999年7月、女帝アスカムは、ウラジオストックから程近い小さな町にいた。この町はロシアンマフィアの窓口として重要な拠点の一つとされている。

両性具有化ウイルス「TR-810」が盗み出され、このウラジオストックにその貴重なウイルスを所有している人物がいるという情報を得て、アスカムは今やアスカムの花嫁となったテレパシスト樹花を供に連れ、その人物と会うために今、マフィアとの交渉の席についていたのだった。

この両性具有化ウイルスを手に入れればアスカムは、自身が率いるトランスジェンダーたちの理想的なシンボルとなることができる。それは、ただ単に性を越境する(トランスジェンダー)のではなく、過去の物理的な肉体改造による施術やホルモンによる療法という誰もが手に入れられる方法を捨て去り、新たなる方法によって完全なる両性具有者、トランスサピエンス・ホルモノイドへと進化を果たすがためだ。

樹花は、アスカムの心に常にチャンネルを開いて、女帝の求める理想の世界を常に心の中で共有している。彼女はアスカムと心を融合させることでアスカムと同じことを考え、アスカムと同じ行動をとり、アスカムに隷属するすべての人間に指示を出すことができた。彼女自身、側近というよりもアスカムの一部であることを理解している。

「樹花、そういえば、私たちはハネムーンもしていなかった。君には苦労をかけ通しだね。」

アスカムは、あえて言葉に出して、彼女に語りかけた。

「アスカム、私は貴女と共にいることが幸せなのです。」

樹花もテレパシーではなく、声に出してそれに答えた。言葉に出して会話をする時、二人の間には特別の感情が芽生える。心と言葉が同調していることの幸せ・・・二人にとって、それを実感することができるだけで、それは素晴らしい時間となりえるのであった。アスカムが樹花にねっとりとキスをする。樹花はアスカムのエロティックな心を共有して蕾に蜜を滴らせた。敵の真っ只中、マフィアに囲まれ、いつ殺されてもおかしくないこの状況を二人は気にせずに楽しんでいる。それが何故なのかは後でお話しすることにしよう。

さて、この緊張を強いられるはずの交渉の席で、美しい女性二人がバーで甘いキスを交わしているこの不思議な状況にマフィアたちは呆気にとられていた。その緩んだ空気が新たに一人の女性が現れたことで一変した。アスカムたちを取り巻くマフィアたちはシベリアの風に吹かれたように心を凍らせていった。ウラジオストックで氷の女王と呼ばれるマフィアのボス・ヴァレンチーナである。

「アスカム、来たわ。」

アスカムは樹花からゆっくり唇を離すと氷のように冷徹な女王の手をとり、女王の手の甲に挨拶のキスをした。

「ブーディム ズナコームィ、ヴァレンチーナ。」

アスカムがそうロシア語で話すと氷の女王は、そこではじめて笑った。

「アスカムさん、貴女は噂通りの人。その少女のような美しさ・・・男であるとは、キスされるまで、わからなかった。何しろ、貴女のことを誰もが女帝と呼ぶ。本当にびっくりしたよ。」

「ありがとうございます。私にとって最高の褒め言葉です。」

二人は向かい合ってテーブルに着くと火が点くような強い酒の入ったショットグラスで乾杯した。その時、彼女は氷のような冷徹な心とは、まるで相反する、そう今、胃に染み込んでいく火の酒のような強い眼光をアスカムに向けて放った。

「貴女が欲しいものは、ほかのジャパニーズが欲しがっているものとはどうやら違うようだけど。」

最初に切り出したのは氷の女王の方だった。アスカムは単刀直入に言い放った。

「両性具有化ウイルス、TR-810」

マフィアたちが一斉にアスカムと樹花に銃口を突きつけた。氷の女王の心に吹雪が吹き始めるのを樹花は感じる。心を同調させているアスカムにも氷の女王のその凍てついた冷たい感情は伝わっていた。ヴァレンチーナは厳つい男たちを制して、アスカムに怒りに満ちた声を放った。

「見ろ!この醜い体をッ!!!」

氷の女王は、纏っていたパウダースノーのようにやわらかい白銀の分厚い毛皮をまるでマントを開くように両手で思い切り開いた。そこには程よく熟れた美しい女性の一糸纏わぬ姿があった。
美しく大きく張った乳房。鍛え抜かれ強靭に発達したアマゾネスを髣髴とさせる筋肉。しかし、女性的なボディラインをなぞって、その下に目を向けると禍々しくそそり立つ男の象徴が天を突いている。その猛々しくどす黒い怒張は彼女の美しさを極限まで高めていた。

「美しい・・・」

アスカムは、ヴァレンチーナの身体を目の当たりにして思わず呟いた。樹花は目の前の美しい両性具有者の美しさにふっと現れた嫉妬心を恥じて、それを心の隅に追いやった。氷の女王の火のような感情が強く伝わってくる。

「この身体のどこが美しいというのだ!!!」

アスカムと樹花はヴァレンチーナの苦悩の深さをすぐに察した。

「私は女に生まれた・・・しかし、心の中は女になれなかった。なぜなら私の心は心底、男だからだ。このウイルスを得て、整形手術といった物理的な肉体改造による偽物の醜い身体ではなく、生物学的に完全なる男に生まれ変わることができると思っていたのだ。それがどうだ。この男でも女でもない・・・これではまるで神をも冒涜する化け物の姿ではないか。私は・・・男として国家のために働きたかったのだけなのだ。」

目の前にあるその肉体は、女性美とも男性美ともとれない、まさに神の美しさだ。しかし女王はその身体を嫌悪している。先天的な性同一障害として生まれついた彼女が保守的な世界の中でレズビアンとして生き、男の身体を手に入れる直前崖下に落とされたその苦悩がアスカムの胸に深く突き刺さった。

「こんな身体になった私を誰が愛してくれるというのだ。」

マフィアたちが銃の撃鉄を起こす音が店内に響き渡る。そして、引き金にかけた指に力が入る。この無謀な二人のジャパニーズを殺らなければ自分たちの身が危ない。彼らはそう感じ・・・心が恐怖に支配されていく。女王の怒りを治めるのだ。そのために引き鉄にかけた指に力を入れろ。そう皆が念じ始める。樹花は、恐怖に支配されたマフィアたちの心の限界を悟って、イヤホン型の無線電話に指令を発した。

「教授、貴方の出番よ!」

無線電波は、電波塔と電話線等を仲介し、ウラジオストック郊外のアスカムのアジトに設置されたパラボラアンテナから、はるか上空に待機する美砕瑠人民公社の気象衛星に伝達される。
人工衛星に搭載された人工知能(AI)がまるでラジオのDJさながらに樹花のイヤフォン越しに大声を上げた。

「OK!イッツ・ショウ・タイム!!!」

人工知能ははるか上空の衛星からレーザーを放つ。
上空からのX線および熱探知でアスカムたちを取り巻く銃を正確無比に探知し、建物の屋根と壁を越えてマフィアたちの銃の撃鉄を溶かし破壊していく。
鉄が溶けて蒸発し、嫌な臭いと煙を立たせたが、そこにあるすべての銃器が使い物にならなくなった。

「ミッション、コンプリート!!!ヤフーッ。」

人工知能が高らかに叫び声を上げると樹花が感謝の言葉を返した。

「貴方っていつも最高よ!!!プロフェッサーN.T.美砕瑠。」

続く。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2008/12/06(土) 17:05:35|
  2. 自作ノベルについて|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<「女帝アスカムⅥ」執筆絶好調!!!第3節入稿なり♪ | ホーム | 仮面ライダーキバ最終回に向けて・・・いざ!妄想タ~~~イム♪>>

コメント

ハラショー、ボルシチッ!!!

NTちゃん>
NTちゃん、お久しぶりなのだ♪ロシアフリークなのね(笑)。ちなみにTR-810ウィルスはトランス(TRANS)のTRで、810はもちろん女装子の有料ハッテンスペース「JUNO」の旧名810(ハッテン)から取りました。でも一度も行ったことないんだよ(爆)。

ちかたん>
ハリウッド映画ではお約束である敵側の一人が必ず言うであろう名台詞『ウソだろ!おい!!!』を実は入れようと思ってたんだよ♪どうせなら、ロシア語で入れたかったんだど・・・ロシア語はハラショーとボルシチぐらいしか知らないし・・・(汗)。ちなみにヴァレンティーナに挨拶するシーンはネットでrロシア好きの方のサイトからちゃっかり拝借してきたんだよ。そんな訳で断腸の思いで断念ざます^^第3節の感想もよろしくです♪
  1. 2008/12/09(火) 09:57:17 |
  2. URL |
  3. 佐緒里@サオリーナ♪ #3xnh0N1k
  4. [ 編集]

アスカム リローデッド♪

さおりん!いよいよ続編の内容が徐々に明らかになって来ましたネ~♪ 師走は色々と多忙だと思うので、急がずに時間にゆとりが出来た時にじっくりと執筆活動を続けていって下サ~イ( ・∇・)


遂にロシアの『プロフェッサーN.T.美砕瑠』が出て来ましたネ~♪♪ ナイスタイミングで本家ミサイル画伯のレスも付いていてイイ感じデス(^▽^笑) 

PS
「OK!イッツ・ショウ・タイム!!!」

人工知能ははるか上空の衛星からレーザーを放つ。
上空からのX線および熱探知でアスカムたちを取り巻く銃を正確無比に探知し、建物の屋根と壁を越えてマフィアたちの銃の撃鉄を溶かし破壊していく。
鉄が溶けて蒸発し、嫌な臭いと煙を立たせたが、そこにあるすべての銃器が使い物にならなくなった。

このシーンではハリウッド映画ではお約束である敵側の一人が必ず言うであろう名台詞『ウソだろ!おい!!!』を入れて欲しいナァ(^▽^笑)
  1. 2008/12/08(月) 09:08:22 |
  2. URL |
  3. ちかたん(力と技の風車が回る) #-
  4. [ 編集]

うひゃ~ウレヒ~~

いや~ん久しぶりにきてみたら
ウレヒーことになってますやん。
おもしれーな~
最近読んだギブソンの小説も最後にロシア行くんですよ。スターリングの短編にもロシア(旧ソ連かな?)舞台にしたのありましたね~。
ロシアすきです。ロシア製カメラ2台持ってるし、タルコフスキーのストーカーは眠ないで観れましたしオークションでレーニンバッチの検索したりするしで
ドンピシャです!しかもAIだも~んウィンターミュートだ!
なんか興奮しました・・・
TR-810(リズムマシンみたいですけど・・)が世界中に蔓延したらぜひ感染してみたいものです。
  1. 2008/12/08(月) 01:56:47 |
  2. URL |
  3. ブタハーナ ミサイルビッチ #ftm.ptgk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saorin877blog.blog4.fc2.com/tb.php/199-3bb22ac8

佐緒里

02 | 2019/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。