FC2ブログ

ルナティック・ラヴ 佐緒里の気まぐれ!!!<ラヴトピア別館>

TRANS-GIRL佐緒里がエッチ、フェティッシュ、マニアックな話題でお送りする気まぐれ日記♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Professor sandass IS BACK!

我が家(LOVETOPIA)には、『 Histoire d' O ~ Next Generation ~ 』っていう小説コーナーがあります。そもそも、ネットで仲良くさせてもらっている「ネットエロリスト」のグンさんが3年前に私をモデルにした小説を送ってくれたのが、その始まりなんだよね。

我が家のBBSにグンさんが載せた記事に当時、私がこんなレスをしたんだ。

> マトリックスの電脳世界で激しく愛し合ったり・・・
> 合体しちゃったり・・・融合しちゃったり~~~^^
> ドロドロに溶け合って草薙素子のように一つになりたい。

映画の「マトリックス」や「攻殻機動隊」の世界観を私はかなり気に入っていて、こんなバカなことを書いていた訳なんですけど、そのレスに対して、ある日、グンさんからこんなメールが届いたんです

>これにヒントをもらってひとつテキストをでっちあげました。
>うえー、超ハードなんで大丈夫かな(笑)。

そのテキストは、「cyberfuckstandへようこそ」っていう題名で、近未来世界の最新インターネットでHが出来ちゃうってお話でした。やっぱり、コチラの世界で小説のパイオニアって言ったら、「S.F.M.Unplugged World」の最遠寺近緒さんが有名だけど、またそれとは違った切り口で私にとって魅力的な内容でした。

何というか、グンさんの送ってくれた原稿は何だか映像化したくなっちゃう魅力があるの。映画監督が小説を原作に映画を撮るような感覚で、脚色させてもらいました。結局、共作ってことで設定とか台詞とかを新たに加えさせてもらって3年前に発表したんだけど、音楽でいえば私が編曲担当って感じかな(笑)。

そんな訳で、『ヴァーチャル・トランス・マシーン』って改題して、グンさんの描いたエロスのエッセンスを損なわないように注意しながら、完成にこぎつけた訳です。


※Novel 『ヴァーチャル・トランス・マシーン』第1部扉絵。

その内容は、天才ハッカー・サンダース教授(sandass)がハッキングにマニアなセックスに大活躍。なんと!ご主人様(マスター)から、SAORI(スレイヴ)を奪い取ろうと画策するんです。

それにしても3部作にまで、話は膨らんで・・・グンさんの想像力には恐れ入ります(笑)。

実は、3部作の完成後、しばらくして第4部の原作テキストも貰っていたんだけど・・・私のサボり癖が出てしまって、ずっとお蔵入りしたままだったんですが・・・

ジャ~~~ン♪今週、3年ぶりに『ヴァーチャル・トランス・マシーン』第4弾をUPしました。副題は「フェイス・アンダー・プレッシャー」。

『ヴァーチャル・トランス・マシーン』前3部作のその1年後を描くエロティック近未来SF。電脳世界の天才ハッカーsandassの逆襲が始まる。そして、SAORI とマスター(ご主人様)のその後は・・・
舞台はトランスジェンダーの聖地・アサクサに移る!そして、新キャラクター に完全女性化M奴隷登場!

挿絵の制作も相当頑張っちゃったよ♪
浅草の風景を実際に撮影してきてフォトショップで加工しているんだよ!
夜の隅田公園には、初めて行きました。隅田公園の川縁の夜景はハッテン場とは思えないような幻想的な美しさだったし、実は神谷BAR辺りの路上の画像も撮影して使っていま~~~す。

何はともあれ、Professor sandass IS BACK!


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2008/06/27(金) 23:24:44|
  2. 自作ノベルについて|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<エロスな千明とオタクな栗山。 | ホーム | レトロ本。『ブラジャー行商人』>>

コメント

スピンオフ「アスカム」はアタシ自身。

ちかたん、『フェイス・アンダー・プレッシャーに出て来るsandass&ミストレスChikaって奴らはどうしようもなくエロ悪なキャラクターデスネ~(核爆)。』・・・というご意見ですが・・・やっぱり、悪こそ、愛すべきキャラクターじゃないとネ!!!(笑)。キルビルのBILLやバットマンリターンズのキャットウーマン、スターウォーズのダースベイダーなんて最高じゃない^^

実は、ほんのチョット第4話のなかで噂話で出てくる「アスカム」が特にお気に入りなんです♪3つのオッパイに設定変更したのは実はアタシ。

副乳の発達した女性は女性ホルモンが多いとか、淫乱であるとか・・・そういうガセネタ的なB級記事が東スポかなんかに載ってたんだけど面白いな~~~と。「副乳のオンナ」って、確かにエロティックだなぁと思ったんだよね。そんな折に「トータルリコール」が洋画劇場で放送されていて、火星の娼館でシュワちゃんを誘ってくるミュータントの娼婦のオッパイが3つだったんだ(笑)。

たいてい、奇形って邪悪で気持ち悪いってイメージがホトンドだけど、それに対して実は美しさやかわいらしさもあるじゃない???今回の小説に登場するアスカムは、誰しもが持つかもしれないノーマルな美しさではなく唯一無二の世界で自分ひとりの美を手に入れるトランスジェンダーの話にしたかった♪

そういう訳もあって、異形として描きたかったの。自ら望んでノーマルから異形へと変化していく人間って感じかな。アナキン・スカイウォーカーがダースベイダーになってしまうような暗黒面が描けたらイイナぁ(笑)。

ちかたんの言う「復讐は最大のエネルギー」ってその通りだと思うな。
アタシの場合、自分本位の欲望を撒き散らしている人間に対して復讐をしたいと思うことがある。コレ、アタシのダークサイドね!ちかたんの言うとおり、私もちかたんもノーマルセックスというものをあまり知らない子供の内に同性愛者の一方的な欲望の餌食になってしまった。成熟しないまま巻き込まれてしまったのが悲しいと思うことがあるし・・・そこのところは重要な部分かも。私の場合、プラス女性に対する憧憬と同時に自分本位の現代的な女性に対する復讐心っていうのある・・・時々ネット上に、「私は女性に振られて女装マゾになりました」って書き込みを随分長い間してる子がいるんだよね。しかも、結構こういう内容の書き込みって複数の女装者が書き込んでいる。でも、私自身を振り返れば、彼女のような人間の分身の一人なのかもしれないとも思う。そういう女装者たちのメンタリティや暗黒面を描けたらなぁ。

結局、アスカムは私自身と重ねて作っているし。「ボクはどうなってしまうんだろう。」という台詞・・・私が実際に思い悩んできたことだもん。ちかたんにはすべてお見通しだよネ!
  1. 2008/06/29(日) 14:33:13 |
  2. URL |
  3. 佐緒里@交渉人真下正義 #3xnh0N1k
  4. [ 編集]

未来のイヴ 

さおりん久々の小説UPおめでとうデス♪ しかし『フェイス・アンダー・プレッシャー』に出て来る『sandass』&『ミストレスChika』って奴らはどうしようもなくエロ悪なキャラクターデスネ~(核爆) sandass+ミストレスChika+トランスM奴隷・ユカの3体合体プレイはエロ版トランスフォーマーの如くエロいデス♪・・・しかしこんな変テコな人間が3人共実在してたりするんだから日本経済が破綻するのも仕方ない事なのかも知れませんネ~(^▽^笑)


女帝アスカム・異形のトランスジェンダー
この物語の主人公『飛鳥』が少年から女装娼婦へと堕ちて行く過程の描写がさおりんの私小説的なテキストで描かれている感じデスネ♪ 女装したり性転換する人達には様々な精神的要因がある筈だけど、重要だと思うのは『如何にして同姓との性的関係に至ったのか』のような気がしマス。 性同一性障害のように彼等(彼女?)の主張する所の『間違った性別で産まれて来た。』人では無く、自分には同性愛嗜好は無かったのに形はどうであれ相手に求められた結果、そのような世界の虜になってしまった人の心中は複雑なのデス。 ちかたんは飛鳥の思想をさおりんと重ね合わせて読んでいるけど、飛鳥の少年期の鋭利な刃物のような強靭な美的思想と、頭では嫌悪感を感じながらも同姓の性的快楽に抗えないどころか気が付けば自分から求めてしまっている心の葛藤が良く描写されていて秀逸だと思いマス。  「ボクはどうなってしまうんだろう。」  この言葉が全てを言い表していると思いマス。

PS
動機が復讐ってのも良い題材デスネ~♪ 復讐は最大のエネルギーなのデス。 飛鳥の汚れ亡き心を踏みにじった『心無き同姓達』への復讐を『パク・チャヌク』監督の『復讐者に憐れみを』 『オールド・ボーイ』 『親切なクムジャさん』の復讐三部作テイストでお願いしたいナァ~(´ー`)  勿論ビジュアルイメージはブレード・ランナーのアナログ&士郎正宗のデジタル近未来感も忘れずに♪
  1. 2008/06/29(日) 03:52:56 |
  2. URL |
  3. ちかたん(Follow Me ) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saorin877blog.blog4.fc2.com/tb.php/162-9e5401bf

佐緒里

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。