FC2ブログ

ルナティック・ラヴ 佐緒里の気まぐれ!!!<ラヴトピア別館>

TRANS-GIRL佐緒里がエッチ、フェティッシュ、マニアックな話題でお送りする気まぐれ日記♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

これは、世界傑作劇場ネタではない・・・(笑)。

映画「真夜中の弥次さん喜多さん」やっとDVDで見ました^^
しかもご主人様のお部屋で一緒にネ♪

妻を包丁で刺し殺してしまった弥次郎兵衛と、そのホモの愛人で薬中の喜多八は、この世の<リアル>を求めて江戸を出帆し、お伊勢参りへと旅立つ。
そんな二人が・・・旅を続けながら、幻想と現実の狭間をさ迷い歩いていくことになり、ついには、もはや江戸を出発したのかどうかでさへ定かではなくなっていく。
その幻想的な空間と時間の中で弥次喜多ふたりのユーモラスかつ情念的な悪夢が不条理に展開してゆく。


※「真夜中の弥次さん喜多さん」( 2005年公開)

弥次喜多コンビがもしホモだったら・・・
という、このしりあがり寿の発想力やクドカンのキレまくった演出以上にそれを演じる長瀬×七之助の本気モードのエロいキスしまくりの弾けたホモ姿が貴重・・・だって、この二人、かなりこの役を楽しんでるんだもん。

長瀬君が七之助のちょん髷をおフェラするみたいに咥えちゃったり、腕をお互いの口に入れあう姿はまるでフィストファックのよう(汗)。
ゲイビデオも真っ青・・・マニアックなホモネタ満載!!!普通に笑えるから参っちゃいます。とにもかくにも弥次喜多二人の超バリバリのホモセクシャルさ加減にまずは脱帽(汗)。

長瀬君が金髪の七之助にマジ惚れしてるその姿を見て、長瀬君とあゆとの過去の<リアル> を想像しちゃったのは私だけ???
映画を見ながら私・・・ちょっぴり欲情しちゃったよ。「ご主人様とHした~~~い」ってネ(笑)。

文化庁が協力だなんて信じられない猛毒サリン級のバカッぷりが何だか芸術的に見えてくるから不思議。しかも、これは放送禁止寸前のキチ○イだらけの映画なんだもん。注意、注意!!!

しりあがり寿原作、宮藤官九郎監督・脚本だけに普通で終わるはずも無いけれど、明るく笑って始まって、最後は歌に踊りで大団円を迎えるのかと思いきや・・・
まるで違う世界に暴走していき、気が付けば「大霊界」のような奇妙奇天烈な展開にノッテいけるかいけないかでこの映画の満足度は決まるのです。

こんなにPOPで弾けまくった情念モノは初体験!!!
業(カルマ)が深い人にお勧めよ♪

荒川良々の屁には参ったなぁ(笑)。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2008/05/24(土) 18:19:44|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<新しい性感、それは・・・ | ホーム | 碇シンジ、50年後の新作は・・・>>

コメント

インディ4絶対観るべし♪

バットマンは大資本なのに常に奇形を描いてきたことが重要だと思うんだよね^^
ジョーカーも良かったけど・・・アタシはペンギン&キャットウーマンが大活躍のリターンズファン。
そのプロデュースライン製作の「009」ならありかなぁと思った訳です。
009もライダーも自分が人間以上の存在になりながらも自分の奇形性を悲しんでいる。バットマンにもそういった共通性があるよね。そういう両社の共通性にハリウッド資本が乗ったらおいしいかも・・・と思ったりしちゃった訳でした(笑)。
「創作活動に従事してる者はフロンティアスピリッツが無いといけません。」
う~~~ん、確かに。
そんな、ちかたんこそ・・・神なのだ♪ジョージ・ルーカスの次に(笑)。 
  1. 2008/05/28(水) 21:40:15 |
  2. URL |
  3. 佐緒里@ケガレシアの赤面姿に萌。 #3xnh0N1k
  4. [ 編集]

クリエイターよ 魂を開放せよ

確かに現在の創作文化は混沌としており、中でも商業主義ばかりが幅を利かせている為に業界は衰退の一途を辿っているように感じマス。例えば映画を一例に挙げると、新たな作品を0の状態から制作するよりも、宣伝費が安価な事と前作の興行収益から具体的な数字(収益)の計算が事前に出来る大作の続編ばかりを乱発していマス。一昔前でも映画産業は純然たる商業主義の権化のような存在だったけれど、創作者グループ(監督を始めとするクリエイター集団)と資金や宣伝をする製作者グループのパワーバランスが絶妙な均衡を保っていたので独創的な作品を生み出す事が出来ていたんだと思うナァ。悲しい事に現在は製作者サイドが映画産業を牛耳っている気がしてなりません。そしてDVD等のコンシューマコンテンツの利権争いが更なる拍車をかけて業界を負のスパイラルに陥らせているとも考えられマス。 そもそも映画関係者は ギャンブルはしたくないから確実な投資をしたいが為に『続編&リメイク』ばかりを制作する→ 我々消費者は『続編&リメイク』ばかりに嫌気がさし、次第に映画離れを起こして行く→ 業界は劇場分の減収益をパッケージソフト分野で取り返そうと一つのタイトルを短いスパンで複数回リリースする愚行を繰り返す事で熱心な映画ファンの購買層まで離れていってしまうといったまさにドツボ状態なのデス。 (ファンを大事にしないとネ! ファンあっての業界ですから^^)

そもそも創作活動に従事してる者はフロンティアスピリッツが無いといけません。 創作とは己の存在を神に昇華させる(人間にとっての可能性を追求する)行為なのデス。自分が考えた、自分が創作したものが一番だと思っている壮大なる自己顕示欲と子供のような柔軟な頭脳を兼ね備えた者が資本主義如きに負けてはいけないのデス。・・・・神はお金の魅力に負けたりしませんからネ。(コレ大事^^)


サイボーグ009はハリウッド資本で映画化されたとしても、石森(石ノ森では無く^^)作品に共通して流れる『哀しみ』を汲み取る事は出来ないと思うナァ(´ー`)  そもそも東洋(日本)人は人形であってもロボットであっても人の形をしたモノには魂が宿っていると考える傾向があり、だからこそ世界中で最もロボットが好きな民族でもある訳デス。一方西洋人はロボットや人形は単なる『モノ』でしか無く、そんな民族性の違う人間がサイボーグ009の機械なのに哀しみを背負って戦っているテイストを出せる気がしませんョ~┐( ̄ー ̄)┌  まぁ~外見を真似る事はすぐに出来る筈だけど、アメリカは超ご都合主義民族なので主人公の009は確実にアメリカ人に変えられ、日本人はカッコ悪い科学者サイボーグとかに変更されてそう(爆) まぁ~石森先生も006『張々湖』や008『ピュンマ』あたりの設定は中国人やアフリカ人が見たら発狂するような設定なんだけどネ(爆)

PS
ストⅡのダルシムもインド人が見たら発狂しそうなキャラだナァ・・・手足伸びるし(爆)
  1. 2008/05/28(水) 11:19:12 |
  2. URL |
  3. ちかたん(呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン!!) #-
  4. [ 編集]

久々に褒めてるんです(笑)。

ちかたん、しりあがり寿先生は「弥次喜多」で手塚治虫漫画賞とか獲っているというし・・・あと、この作品の場合、演劇化されて大受けしたせいもあるかも。

今の時代、アンダーグランドにまで権威主義は押し寄せている???
妻殺しと薬中のホモの珍道中に文化庁が協力っていうのが笑える。
でも、ある意味見る目があるともいえるかもしれないし・・・一概に良いとも悪いとも言えないっすぅ♪

日本もハリウッドも韓流も・・・小説も映画も演劇も漫画もそういった現代の文化すべてが一つの到達点に達してしまっている感じがするね・・・

逆にソフト不足っていうのもあるんじゃないかとも思うんだ。ちかたんはどう感じる???

そういう意味では、「弥次喜多」はよく出来ていて・・・今までに見たことない映画に仕上がっていたような気はするんだよね。・・・っていうか内容が滅茶苦茶なんだよ!これでもかってぐらいに(笑)。

話は変わるけど・・・先週、NHKで石ノ森章太郎先生の特集をやっていて、バットマンのプロデューサーが「009」をいつかやりたいって言ってた。
これは、マッハGOGO!より、是非観たい企画です^▽^)b
  1. 2008/05/26(月) 22:58:40 |
  2. URL |
  3. 佐緒里@てやんでぃ♪女装子でぃ^^ #3xnh0N1k
  4. [ 編集]

イージーライダーのジャックニコルソンの死に様はイイ♪

さおりん『ヤジキタ』観ましたヵ~(^v^) ちかたんはまだ観てません(汗) 理由は官藤官九郎作品が何だかシックリ来ないからデス(爆) どうもクドカンと三谷幸喜作品は消化不良気味なのデス。・・・ただしりあがり寿は好きなので、そこだけが観るきっかけになりそうデス♪ かつてはサブカルチャー漫画扱いだったしりあがり寿作品が邦画化されるなんて複雑な心境デスネ~(。_゜) まぁ~今やしりあがり先生が大学の教授をする位だから、世の中の基準も変わって来たんでしょう(^▽^笑) 

マイナーがメジャーになると根っからのマイナー好きは更に深いディープな世界に潜行するのダ♪
  1. 2008/05/26(月) 03:23:41 |
  2. URL |
  3. ちかたん(エキゾーストノートは俺の心の叫びだ!!) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saorin877blog.blog4.fc2.com/tb.php/154-7aa27b21

佐緒里

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。