FC2ブログ

ルナティック・ラヴ 佐緒里の気まぐれ!!!<ラヴトピア別館>

TRANS-GIRL佐緒里がエッチ、フェティッシュ、マニアックな話題でお送りする気まぐれ日記♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

痛み(ペイン)の裏側にあるもの。

お尻が赤みを帯びるまでスパンキングを頂く。
乳首が充血するほど引っ張り上げられる。
その充血した乳首にも強くスパンキングを頂く。
髪をつかまれ引き上げられ毛根が悲鳴を上げそうになる。
こうした快楽を超えた痛みが身体に火を点ける。

最近、もっとも感じるのは頬を張られること。
やさしく頬をなで上げられた後に不意にやってくる痛みが、私の中のご主人様への被所有願望をMAXに引き上げる。

私はご主人様からビンタをひとつ受けるたびに「愛しています。」と自然に答えるようになった。
何だろう・・・頬を打たれるたびに心の奥底から湧き出すこの愛惜しい気持ち。

バシッ!!!

「愛してます。」

バシッ!!!

「愛してます。」

バシッ!!!

「愛してます。ご主人様。」

頬を張る乾いた音が永遠の愛に感じられる。そして、最高に隆起し切ったディックを喉の奥まで差し入れられて、胃液を吐き出しそうになりながらも奉仕に喜びを感じるこの気持ちは・・・いったい何なんだろうか?

すっかり、支配され切ったそんな私にご主人様は語りかけます。

お前は、この愛し方(痛み)に深く感じ入っているようだけど・・・そればかりを求めていてはダメなんだ。会話っていうものは一つじゃない。俺たちの会話の引き出しは一つじゃないんだよ。
今夜は、たくさんある愛し方の中から痛みを与える方法をとっただけ。もっともっとお前を喜ばせる愛し方があるはずだよ。選択肢を狭めてはいけないよ。俺が佐緒里と紡いでいく時間が長くなればなるほど、その喜びは増えていくんだから。

その言葉に私は気付く・・・

ご主人様から与えられた痛みが喜びに変わった理由に。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2009/06/18(木) 19:39:30|
  2. フェティッシュ・ラヴ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:7

映画の日はハシゴなのだ♪

今日は久々に休みをとったんだけど、映画の日だったんで映画のハシゴであります(笑)。新宿東亜系の劇場のロビーでは、韓国女優のセーラー服姿目当てのオジサンたちが煙草の煙を吐きまくってて怒り心頭でしたが・・・何が驚いたかって、劇場の椅子の手すりに飲み物を置くホルダーが今時ないって事なのよ(驚)。

『ラスト・ブラッド』(2008年製作・香港=フランス合作)★★★★☆

B級映画の最高峰、ここにあり♪
セーラー服の美少女が日本刀でバッタバッタとモンスターを斬りまくる。こういう毒になっても薬にならない映画って最近じゃタランティーノぐらいでしょ。でもそんなジャンクさがヴェリーグッド!!!(嬉々)。しかも「Gメン75」の香港空手シリーズで大活躍した倉田保昭氏の年齢を感じさせないスーパーアクションがたっぷり観られるとは・・・(驚)。

原作のアニメ『ブラッド・ザ・ラスト・ヴァンパイア』(プロダクションI.G.)を期待するよりも梶芽衣子の『女囚さそり』の現代版のような主人公の美しさに見惚れるのが正しい観方です。これは、1970年代の日本B級映画へのオマージュだと思うよ。超クール♪



韓国女優のチョン・ジヒョンのセーラー服姿は完璧。清楚な顔にはセーラー服が良く似合うんだなぁ(嬉々)。アクションシーンでチラッと見える太股はかなり萌えでしょう(笑)。


『スタートレック』(2009年製作・J.J.エイブラムス監督)★★★★★

コレは完全なるリメイク。そして完全なる新作。名作スタートレックの新たなる旅立ち。

カーク艦長、Mr.スポック、Dr.マッコイ、スー・ルー、ウフーラ等、過去のキャラクターの雰囲気を無名俳優による新鮮な演技力で見事に再構築し蘇えらせた事は賞賛に値する。

序盤こそ、新しい役者たちに違和感を覚えるものの・・・気がつけば過去に観たテレビシリーズの俳優たちと今作品の俳優たちとが見事にリンクを果たす様は気持ちが良すぎます。

またレナード・ニモイが実際にスポックとしてゲスト出演しているところがスタートレックファンにはたまらないプレゼント。もちろん、スタートレックをまったく知らない人も120%楽しめるストーリーに脱帽です。

さらにアクションシーンや宇宙艦隊の戦闘シーンの迫力に至っては、完全にスターウォーズ越えを果たしているので、トレッキー(登場人物を応援するために奇声を発したり、決め台詞に合いの手を入れる映画館を歌舞伎と勘違いしたスタートレックマニア)は目を見開き口をあんぐりと開けて最後まで無言で映画を観入ってしまうに違いありません。

結論、映画ファンを名乗るなら観なけりゃダメだ!
  1. 2009/06/01(月) 11:04:12|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

佐緒里

05 | 2009/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。