FC2ブログ

ルナティック・ラヴ 佐緒里の気まぐれ!!!<ラヴトピア別館>

TRANS-GIRL佐緒里がエッチ、フェティッシュ、マニアックな話題でお送りする気まぐれ日記♪

人気の映画「下妻物語」を斜め読みする

「われ、いちびっとったらいてまうぞ。こらッ!!!」

ロリータのバイブル「下妻物語」は、普段はフリフリのロリータ姿、不思議ちゃんの深キョンが、マジギレしてヤンキー口調で啖呵を切った瞬間が萌えの映画でした。
もう4年前も前の映画だったんだね。私はご主人様にDVDを頂いてやっと観る事が出来ました。
乙女の話かと思って観ていたら、網走番外地も真っ青な深キョンの啖呵・・・散々の嫌がらせに健さんが我慢に我慢を重ねて最後に堪忍袋の緒が切れてヤクザ共をやっつける時みたいな・・・そんなシーンがキモになっていようとは(汗)。

しかし、本編はさておき、もっと面白かったのは、どう考えても寝起きの不機嫌そうなテンションでしゃべってる主演2人の音声コメンタリー特典。

まずは、女性AP(アシスタントプロデューサー)のイカニモ業界人って感じの頭の悪い無責任な司会ぶりに絶句。だって深夜のバーでお酒飲んでくだまいてるようなテンションで進行していくんだもん(爆)。

とにかく、このバカ女は、仕事意識ゼロで司会を進行していく。自分の登場シーン以外で眠ってしまう子育てと前の仕事で疲れ果てた土屋アンナに「アンナちゃん、今寝てたでしょ。」と突然のツッコミ。そっと起こしてあげれば良いのにネ(汗)。しかもこのくだりをカットもせずに垂れ流すメーカーの恐ろしさ。

さらに追い討ちをかけるように、アンナちゃんよりもローテンションで声の低い深キョンの地の声がファンの心を確実に裏切ることでしょう。これを特典といって良いのか・・・非常に悩まされるけれど、とりあえず深キョンの作っていない貴重な不機嫌ナチュラルヴォイスに皆驚け(笑)。

本編はともかく、このコメンタリー特典のヤヴァさには★5つ。要チェック♪

でも、こういうおバカな音声コメンタリー特典って意外と沢山あって、世の中を斜めに見たい人にはたまらないオカズだと思うなぁ。そういう向きには「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチのノータリンなコメントもお奨めだし、「フォーガットン」の監督×脚本家のバカッぷりも聴いてもらいたいなぁ。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2008/09/10(水) 13:40:56|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

佐緒里

08 | 2008/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search