FC2ブログ

ルナティック・ラヴ 佐緒里の気まぐれ!!!<ラヴトピア別館>

TRANS-GIRL佐緒里がエッチ、フェティッシュ、マニアックな話題でお送りする気まぐれ日記♪

小説は未完のままに・・・

自作小説は未完のまま、現在放置中(汗)。
アイディアが枯渇中であります。
そんな訳で・・・リスペクトする最遠寺近緒さんのWEB小説「激走!まぼろしトラック」を読んだりして、アイディアをひねり出しております。(嬉々)。

『激走まぼろしトラック・霊能トラック野郎とデリSM嬢の物語』
<「S.M.F Unplugged World」2002年9月連載開始~2006年5月終了>
http://homepage1.nifty.com/saienji/futeiki2.htm


※リスペクトする最遠寺近緒さんのWEB小説をイメージして勝手に作っちゃいました(嬉々)。クールポコとか言わないように(笑)。チョット、千葉ちゃんっぽい♪
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2008/08/30(土) 12:41:12|
  2. 自作ノベルについて|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

カナダ美女軍団vs体育会系女子集団。

北京オリンピックに釘付けになっている佐緒里です(笑)。


※美しきソフトボール五輪代表:上野由岐子選手、染谷美佳選手、藤本索子選手、三科真澄選手。

日本の女子ソフトボールは、強すぎます♪ そして、美しき体育会系女子集団であります♪
いやいや、一般人の言う美女ではないんです。

カナダ代表の方が、いかにも女性的で女優のようなお顔立ちの娘さんたちが多かったですから。例えば、背番号12のメラニーちゃんは、ファラ・フォーセット・メジャース(懐かしい)風味だし、名前は忘れちゃったけど背番号7番はブルース・ウィリスの奥さんみたいな美人。映画の「プリティリーグ」がそのまんまやってきたって感じ。

これに対して、日本のベンチは女の色香ではなく・・・少年の匂いをぷんぷんと発散させた女子たちの魅惑的な花園であります。仕草や表情からは女性をまるで感じなく、何処からどう見てもさわやか体育会系の男の子たちなのです。

エースピッチャーの上野由岐子選手なんか、長身で恵まれた体躯と日焼けした肌に白い歯。ヤヴァイよ!!!カッコいいよ!!!その辺の男なんか目に入らないぐらいさわやかで凛々しいんだ(汗)。アタシがもし女子高生だったら、放課後の校庭でレターを手渡して告っちゃうね(笑)。
ちなみに上野選手は、海外では「オリエンタル・エクスプレス」と呼ばれていて、投げる球の球速は世界最速の119km/h。打者の振る金属バットを折ったこともあるらしい(驚)。野球の体感速度に換算すると時速167キロを超えちゃうんだってさ。小学生のときには空を飛ぶスズメを何匹も撃ち落としたって・・・オイオイ(笑)。

他の選手も魅力的で、抑えの染谷美佳投手なんか紅顔の美少年って感じでタマラン♪

内野手の藤本索子選手もゴーオンレッドも真っ青な少年漫画の主人公のようなカッコ良さ。三科真澄選手のマー君(楽天・田中将大選手)っぽい素朴キャラも忘れちゃいけないです!!!

女を捨てて、オリンピックという大舞台で輝く女たち・・・
どうだろう・・・彼女たちの発するこの圧倒的な美のオーラは・・・
彼女たちは本来の女性という肉体の魅力を脱ぎ捨てて尚、それでも内面と鍛え上げられた肉体から滲み出すそのさわやかな美しさに彩られている・・・

コラ!「理想のレズタチ」とか言わないように!!!(笑)
  1. 2008/08/20(水) 00:33:40|
  2. 美しき人々|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

そして、その実体は!!!

『激走まぼろしトラック・霊能トラック野郎とデリSM嬢の物語』
<「S.M.F Unplugged World」2002年9月連載開始~2006年5月終了>
http://homepage1.nifty.com/saienji/futeiki2.htm

最遠寺近緒さんのサイト「S.M.F Unplugged World」に掲載されている小説を今改めて読み返しています。「激走まぼろしトラック・霊能トラック野郎とデリSM嬢の物語」っていう実にロマン溢れるタイトルなんですけど、まずはこのオモローなタイトルに釘付け必至でしょ♪ 「まぼろし探偵」がペイントされたトラックって設定もレトロチックでイイ感じ(笑)。

実は、この小説・・・初連載はもう6年も前なんだけど、その中身は全く古くなっていない。いや、今を以って尚、新しいと思います。

ストーリーは裏の世界を渡ってきた風俗嬢ならではの機転で困難を乗り切るキレ者女と腕力と霊能と人生の経験値を最大に発揮する中年男のコンビが片田舎の旧家の禍々しい因縁とその土地を支配する欲望にまみれた権力者たちと対峙する・・・っていう内容です。

作者である近緒さんの文章は、人間の内面にじりじりと食い込んで、実に魅力的な物語を作り上げています。登場するキャラクターの魅力全開って感じです。

まるで近緒さんの分身のようなトランスジェンダーのデリSM嬢・羽蘭(ウラン)と霊能力を持つ中年のトラック運転手・斬馬仁(ザンバ・ジン)がこの物語の主役。

登場人物の名前が印象的で、読者が文章を読んだときに頭の中にその名前が響く感じまで、たぶん計算しているんだと思います。だから、主人公のカッコ良さを意識して読んで欲しい・・・。

まずは、異形、奇形、ラヴァー、汗、体液、美少年、初恋、レズビアンの少女、内臓、クローンという魅惑的なキーワードの数々に悩殺される。そして、そんな夢幻世界の中でラヴァーの質感と、生身の人間の肉体の生暖かさが演出されていく。とにかく、エログロと耽美とのボーダーラインをいとも簡単に綱渡りしてしまうその手腕に脱帽です。

横溝正史か、江戸川乱歩か、沼正三か・・・はたまた、三池崇史か、実相寺昭雄か。
そして、その実態は・・・最遠寺近緒様。

気が向いたら、また素敵な物語を与えて下さいませ♪

  1. 2008/08/06(水) 23:26:29|
  2. サブカルチャー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

佐緒里

07 | 2008/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search