FC2ブログ

ルナティック・ラヴ 佐緒里の気まぐれ!!!<ラヴトピア別館>

TRANS-GIRL佐緒里がエッチ、フェティッシュ、マニアックな話題でお送りする気まぐれ日記♪

これは、世界傑作劇場ネタではない・・・(笑)。

映画「真夜中の弥次さん喜多さん」やっとDVDで見ました^^
しかもご主人様のお部屋で一緒にネ♪

妻を包丁で刺し殺してしまった弥次郎兵衛と、そのホモの愛人で薬中の喜多八は、この世の<リアル>を求めて江戸を出帆し、お伊勢参りへと旅立つ。
そんな二人が・・・旅を続けながら、幻想と現実の狭間をさ迷い歩いていくことになり、ついには、もはや江戸を出発したのかどうかでさへ定かではなくなっていく。
その幻想的な空間と時間の中で弥次喜多ふたりのユーモラスかつ情念的な悪夢が不条理に展開してゆく。


※「真夜中の弥次さん喜多さん」( 2005年公開)

弥次喜多コンビがもしホモだったら・・・
という、このしりあがり寿の発想力やクドカンのキレまくった演出以上にそれを演じる長瀬×七之助の本気モードのエロいキスしまくりの弾けたホモ姿が貴重・・・だって、この二人、かなりこの役を楽しんでるんだもん。

長瀬君が七之助のちょん髷をおフェラするみたいに咥えちゃったり、腕をお互いの口に入れあう姿はまるでフィストファックのよう(汗)。
ゲイビデオも真っ青・・・マニアックなホモネタ満載!!!普通に笑えるから参っちゃいます。とにもかくにも弥次喜多二人の超バリバリのホモセクシャルさ加減にまずは脱帽(汗)。

長瀬君が金髪の七之助にマジ惚れしてるその姿を見て、長瀬君とあゆとの過去の<リアル> を想像しちゃったのは私だけ???
映画を見ながら私・・・ちょっぴり欲情しちゃったよ。「ご主人様とHした~~~い」ってネ(笑)。

文化庁が協力だなんて信じられない猛毒サリン級のバカッぷりが何だか芸術的に見えてくるから不思議。しかも、これは放送禁止寸前のキチ○イだらけの映画なんだもん。注意、注意!!!

しりあがり寿原作、宮藤官九郎監督・脚本だけに普通で終わるはずも無いけれど、明るく笑って始まって、最後は歌に踊りで大団円を迎えるのかと思いきや・・・
まるで違う世界に暴走していき、気が付けば「大霊界」のような奇妙奇天烈な展開にノッテいけるかいけないかでこの映画の満足度は決まるのです。

こんなにPOPで弾けまくった情念モノは初体験!!!
業(カルマ)が深い人にお勧めよ♪

荒川良々の屁には参ったなぁ(笑)。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2008/05/24(土) 18:19:44|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

佐緒里

04 | 2008/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search