FC2ブログ

ルナティック・ラヴ 佐緒里の気まぐれ!!!<ラヴトピア別館>

TRANS-GIRL佐緒里がエッチ、フェティッシュ、マニアックな話題でお送りする気まぐれ日記♪

獣拳戦隊ゲキレンジャーに愛を見た♪

ついに『獣拳戦隊・ゲキレンジャー』が終わってしまいました。
いやぁ、久しぶりにはまってしまった(笑)。
尊敬する最遠寺近緒さんのブログ「風呂上がりのフルーツ牛乳」でも作品の感想が紹介されていて、もう私ほぼ皆勤賞でレスしまくってました(汗)。

でも、やっぱり今までの戦隊モノとは一線を画していましたね。
子供番組というだけに留まらず、アクション・・・特に『カンフー愛』を発揮し続けたゲキレンジャーには頭が下がる思いです♪ テレ朝の東映特撮枠、日曜朝のスーパーヒーロータイムは『仮面ライダー電王』共々もう伝説です^▽^)b

カンフー映画って、『燃えよドラゴン』でブームに火がついてブルース・リーを始め、ジャッキー・チェンやジェット・リーなんていう大スターを生み出し続けてきたんだけど・・・
ゲキレンジャーって、こうしたカンフー映画に対するリスペクトというか・・・こだわりがすごいんですよ!
例えば、サウンドトラックに『少林サッカー』のパクリ曲があったり、劇中歌をアニソンの大御所・水木一郎アニキが70年代の東映テイストで哀愁たっぷりに歌ってたり・・・

そういったこだわりは、登場人物の役名にも現れていて映画ファンにとっては、もうこれだけで楽しくなっちゃうの♪ 特にゲキレンに登場する8人のカンフーマスターの名前は最高!!!

象のエレハン・キンポー、蝙蝠のバット・リー、鮫のシャッキー・チェン、ゴリラのゴリー・イェン、ペンギンのミシェル・ペング、ガゼルのピョン・ピョウ、猫のマスター・シャーフー、獣拳の神・サイのブルーザ・イーといった面々。なんか、聞いた事ある名前でしょ。


※拳聖シャッキー・チェンと主人公・ジャン

ナント!すべてがカンフースターの名前から名付けられているんです!!!
あなたは何人わかったかな???
はい!シンキングタ~~~~イム♪

?????(考え中)・・・・・・・・・・・

では、解答で~~~す!!!

エレハン・キンポーは、『燃えよデブゴン』のサモ・ハンキンポー。
あの坊ちゃん刈りのオチャメなおデブちゃんです!!!

バット・リーは、今やハリウッドスターのジェット・リー。
『リーサル・ウェポン4』の悪役がカッコイイです!!!

シャッキー・チェンは、濁点とっただけですね・・・
答えは、今でも人気が衰えないジャッキー・チェン。スーツアクターさんの動作もジャッキー風なのが結構嬉しい^m^) ちなみにシャッキーの声の吹き替えは石丸博也さんで本家ジャッキーと同じ人です。

ゴリー・イェンは「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ天地大乱」のドニー・イェン。
日本ではイマイチ、マイナーですか???でもそんな所がマニアックでイイ感じ♪

ミシェル・ペングは、ボンドガールで『グリーン・ディステニー』のミシェル・ヨーかと思いきや、キャラクター設定がセレブということから、多分『漂流街』『酔拳3』『チャイニーズゴーストストーリー2』のミシェル・リーなのかもしれない(謎)。

ピョン・ピョウは、ジャッキー一家『プロジェクトA』『チャンピオン鷹』のユン・ピョウ。

猫のシャーフーは、小さい虎(シャオ・フー)と言う意味で、台湾映画『カンフーキッド』の子役からスターになったツォ・シャオフーからとっているようです。

最後に拳法の神様役のブルーザ・イーは、もちろんカンフー映画の神、ブルース・リー。これは簡単(笑)。

あ!あと私のお気に入りは、雑魚キャラ(戦闘員)のリンシー。
だって、『霊幻道士』や『幽幻道士』のキョンシーそのまんまだし・・・なんかカワユイ♪
そういえば、最近、大人になったテンテンちゃんが日本のドラマとか映画にたまに出てますね!懐かしい♪

その他にも香港映画だけじゃなくって少年ジャンプが生んだ2大拳法マンガへのリスペクトもあって、これはもう気持ち良いほどのパクリ。そう、実写版「ドラゴンボールvs北斗の拳」だったりするんです。

主人公・ジャンは、ドラゴンボールの悟空キャラだし、ライバルの悪役・理央は北斗の拳の南斗水鳥拳のレイ風イケメン。台詞は南斗聖拳のシンみたい・・・
衣装デザインや台詞回しにもそれは反映されていて、正義側がドラゴンボール風で、悪役側が北斗の拳風といった感じかな。しかも最終回に向けてのストーリーテリングは、親子対決、宿命のライバル対決、新たなる奥義の伝承とまさに北斗の拳の様相を呈し・・・


※ジャンとの宿命の対決で炎のオーラを発する理央。台詞やスタイルも北斗風?

そして、最終回に至っては、完全なるドラゴンボール状態(笑)。
最大のボスキャラは龍だし・・・
最後は慟哭丸というドラゴンボールになっちゃいます・・・オイオイ(爆)。

主人公・ジャンの父親役で大葉健二さんが登場するのもツボですね!!!
日本の空手アクションといえば、やっぱり大河ドラマ『風林火山』でも大活躍した千葉真一さんですけど・・・タランティーノ監督の『キルビル』の中で千葉真一さん演じる服部半蔵と鮨屋で変なテンションで喧嘩するあのハゲちょびんが大葉さんです!


※『KILL BILL Vol.1』より。刃物が世界で一番似合う男(笑)。

元々、千葉さんにアクションの教えを受けた弟子に当たり、初期の戦隊モノ『電磁戦隊・デンジマン』(デンジブルー役)、『宇宙刑事ギャバン』(ギャバン役)のほか、『里見八犬伝』やテレビシリーズ『影の軍団』などにも出ています。なんといっても千葉さんのアクションを最も色濃く継承しているので、見得の切り方から台詞回しまでそっくり!!まさに関根勤さん好みの俳優さんかも^▽^)b

カンフー映画の集大成としての意気込みは、2007年夏に公開された映画『電影版・獣拳戦隊ゲキレンジャー・ネイネイホウホウ!香港大決戦』にも現れてます。最近DVD発売されたのでチェックしてみてね!!!
ちなみにこの映画はブルース・リーの『燃えよドラゴン』の完全なるパロディですから、オリジナルを見てから見て欲しいですね!!!あと東映空手アクションの名悪役・石橋雅史さん演じるボスキャラが登場するのも見もの。石橋さんはもう70歳を超えてるお爺ちゃまですが、さすが元極真師範!特撮を差し引いても、その見事な身体さばきには感動します!!!

それにしても、ゲキレンジャーだけでこれだけ映画が語れるなんて・・・
映画愛で溢れてジュワ~~~ンって濡れてきちゃいます。

あ!忘れちゃいけない・・・ナレーターはK-1グランプリのリングアナとしても知られるケイ・グラント様。う~~~ん、このセクシーヴォイスにもカンフーに対するこだわりがありましたか!!!参ったぁ(笑)。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2008/02/13(水) 17:12:40|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

佐緒里

01 | 2008/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search